占い鑑定師 - 高橋理恵

生命線を横切る線は頑張って生き抜いてきた証

LINEで送る
Pocket

生命線を横切る線は頑張って生き抜いてきた証

 

 

 

 

イベントにて手相を拝見しました

7日(日)に開催されたイベント「みんなの輪 前夜祭」では、猛暑の中、多くの方に足を運んでいただきました。ありがとうございました。

私は、「手相&タロット」で出店していました。

そこに訪れた方々の手相を拝見させていただき、感じたことは、「生命線を横切る線が濃く刻まれている」ことでした。

生命線は、生命力を表わしている線です。その線が濃くはっきりと見れるのは、生きる力がみなぎっていることの現れ。

ただ、その生命線を横切る濃くはっきりとした線は、生きていく過程で、何かしらの大きな出来事があったことを示しているものです。

恋愛や結婚、出産など、嬉しい出来事もあれば、病気、ケガ、大失恋、離婚など、あまり嬉しいとは思えない出来事もあったのでしょう。

拝見させていただいた方は、50代の方が多く、そのほとんどの方の生命線上に、20代から30代にかけて、多くの試練や困難を乗り越えられたことを表わす線が横に深く刻まれていました。

そのことをお伝えすると、皆さん、

「確かに。あの頃はいろいろと大変だったな。」

と、話されます。そして私は、

「これから先は、その時のような困難はないです。だから、今をもっと楽しんで生きてくださいね。」

とお伝えすると、皆さん安心した様子で、これから先を見据えている様子でした。

 

 

生命線上の島

生命線上に島と呼ばれる囲まれた相がある方も、拝見しました。この島が生命線上にあると、人生の途上で思うように物事が進まない、試練の時期を体験するといわれます。

その方は、流年法で読むと晩年に島が見られました。もしかしたら、この先、大きな病気など、思うようにいかない時期がやって来るかもしれません。そうならないためにも、今を無理することなく、生活習慣を気にして変えていく。

そうしていく内に、島も消えて無くなっているかもしれません。

手のひらに現れる線から、未来予知もできる。そうならない様に、対策をしていけるなんて、手相って便利だと思いませんか。

まずは、自分の手相を知りたい!そんな方向けに「手相基礎講座」を開講しています。興味のある方はお声掛けくださいね。

 

 

 

 

鑑定のご予約はこちら

鑑定のご予約はこちら

四柱推命やタロット占い、手相占い、数秘術、占星術で人生相談や異性との相性、更には仕事運や今後の展開などを占い、明るく気持ちを切り替えられるようサポートいたします。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    らーま

    占い鑑定師
    四柱推命やタロット占い、手相占いを中心に他の占いも組み合わせた鑑定を行なっています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    ご予約・お問い合わせは公式LINEからお気軽にどうぞ

    LINE追加ボタン LINE追加ボタン arrow_right
    PAGE TOP